川端玉章

アート

川端玉章

かわばたぎょくしょう

日本画家。天保13年(一八四二)〜大正2年(一九一三)京都に生れ、東京で没。本名は滝之助。

はじめ中島来章に円山派を学び、慶応2年江戸に移り、高橋由一に洋画を学んだ。第1、第2回内国絵画共進会で受賞、岡倉天心に認められた。東京美術学校創設にともなって教授、明治29年帝室技芸員、次いで日本美術院会員。同42年川端画学校を設立して後進の指導に尽力した。

円山派?の伝統に立つ花鳥山水画を得意とした。代表作は「墨提桜花」など。