川添登

アート

川添登

かわぞえのぼる

建築評論家、都市評論家、文明評論家。

1926年2月23日、生まれ。2015年7月9日、死去

早稲田大学文学部哲学科をへて同理工学部建築学科卒業。

1953年-1957年雑誌『新建築』編集長、「伝統論争」の仕掛け人。1960年、グループメタボリズムを結成、旺盛な都市評論を行う。昨今は今和次郎の研究などをてがける。

1960年代までの代表的著作に『現代建築を創るもの』『建築の滅亡』『建築と伝統』など。