川島順平

アート

川島順平

かわしまじゅんぺい

劇作家小説家翻訳家。(1903年6月29日ー1985年2月23日)

川島忠之助の子として東京生まれる。1927年早稲田大学文学部仏文科卒。パリ大学で演劇を学び、32年帰国東宝文芸部に属して東宝劇団、古川緑波一座の脚本・演出を担当戯曲を書く。ユーモア小説も執筆、早大文学部フランス演劇を講じ、のち教授、1974年定年退任。娘に川島瑞枝がいる。

著書

  • 『奥様修学旅行』東成社 1941
  • 節水競爭』脚本 羽室邦彦繪畫 日本教育紙芝居協會 製作 日本教育畫劇 1943
  • 『恒子の青春』東成社 ユウモア文庫 1943
  • 『銅像出征』北光書房 1943
  • 『銅像物語』羽室邦彦画 日本?育画劇 日本?育紙芝居協會作品 1943
  • ジャン・ジロードゥーの戯曲白水社 1959
  • 『日本演劇百年のあゆみ その特質と問題点』評論社 1968
  • 『現代のフランス演劇』カルチャー出版社 1974
  • 『八十年間世界一周 思い出の記』『思い出の記』編集委員会編 川島須美子 1986
  • 『フランス演劇とその周辺』駿河台出版社 1986

翻訳