スマートフォン用の表示で見る

川藤幸三

スポーツ

川藤幸三

かわとうこうぞう

70〜80年代のプロ野球阪神タイガースの選手。現・野球解説者。

通称「浪花の春団治」。

右投右打、ポジションは内野手外野手背番号は45→4番。

1949年7月5日生まれ。福井県美浜町出身。

若狭高校では投手として1967年センバツに出場。

1968年ドラフト9位で阪神タイガースに入団。

1969年ウエスタンリーグ盗塁王を獲得。

俊足選手として主に代走で一軍出場を果たす。

1973年外野手に転向。

一軍に定着し、代打の切り札として活躍。

打席に立つ際、口に含んだ水をバットに吹きかける姿は印象的であった。


1984年戦力外通告を受けるも「好きなタイガースにいられるなら、銭はいらん」と訴え、残留した。

1986年、プロ18年目で初のオールスターゲームに出場。

同年、現役引退。よみうりテレビMBSラジオ野球解説者となる。


1990年阪神タイガースの守備コーチに就任し、現場復帰。

1991年、総合コーチとなる。 同年、退団。


現在はよみうりテレビ専属解説者として、根性の解説を展開中。

また、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手、モルツ球団代打の切り札としても活躍。

現役時代から、兵庫県で「KAWATO TIGER SPORTS SHOP」を経営している。

中村勝広は親友。


兄は川藤竜之輔