スマートフォン用の表示で見る

川内優輝

スポーツ

川内優輝

かわうちゆうき

川内優輝は、陸上競技(長距離・マラソン)選手。埼玉県職員(埼玉県立春日部高等学校定時制事務職員)。職業柄「公務員ランナー」との俗称も。

1987年3月5日生まれ。東京都出身。身長172cm、体重59kg。埼玉県久喜市在住。

埼玉県立春日部東高等学校学習院大学卒。

学習院大学時代、関東学連選抜の選手として箱根駅伝に2回出場している。

大学卒業後は実業団に進まず、2009年4月に埼玉県庁に入庁。公務員となってからも練習を続けており、実業団に所属していない「市民ランナー」として大会に参加している。

2010年の東京マラソンで、2時間12分36秒のタイムで4位に入賞。

2011年2月、東京マラソン2011で日本勢最高位の3位に入り、2時間8分37秒のタイムで初のサブテンを達成した。同年の世界陸上競技選手権大会の男子マラソン代表に選ばれ、日本陸連はBランク*1の強化指定選手とした。世界陸上競技選手権では堀端宏行中本健太郎からも大きく遅れ、2時間16分11秒で18位に終わった。

2011年12月、ロンドンオリンピックの選考レースだが、自身は東京マラソンへの調整レースとして臨んだ福岡国際マラソンで、今井正人とのデッドヒートを制して日本勢最高の2時間9分57秒で3位に入った。

2012年2月、ロンドンオリンピック代表を目指して臨んだ東京マラソン2012では、2時間12分51秒で14位に終わり惨敗した。

2012年4月 かすみがうらマラソンにおいて、2時間22分38秒で優勝し、フルマラソンで初優勝を果たした。

2012年7月1日、ゴールドコーストマラソン?オーストラリア)において、4位となる。

2012年8月26日北海道マラソンにおいて、2時間18分38秒でフルマラソン2度目の優勝を果たす。

2012年9月16日、シドニーマラソン?において、2時間11分52秒でフルマラソン3度目の優勝を果たす。

2012年10月6日、世界ハーフマラソン選手権大会?ブルガリア・カバルナ)に日本代表として出場し、日本勢トップの21位となる。

2012年10月21日、ちばアクアラインマラソンにおいて、2時間17分48秒でフルマラソン4度目の優勝を果たす。

2013年1月18日、20回目のフルマラソンとなるエジプト国際マラソン?において、2時間12分24秒の大会新記録でフルマラソン5度目の優勝を果たす。

2013年2月4日、第62回別府大分毎日マラソンにおいて、2時間8分15秒の大会新記録、かつ自己ベスト更新でフルマラソン6度目の優勝を果たす。

2013年3月17日、2013ソウル国際マラソンにおいて、2時間08分14秒で自己記録を更新し4位に入った。

2013年4月21日、第15回長野マラソンにおいて、2時間14分27秒で、フルマラソン7度目の優勝を果たす。

*1日本陸連の強化指定はS、A、B、Cの四段階。Bランクには年間150万円の強化費が支給される