スマートフォン用の表示で見る

川本喜八郎

アニメ

川本喜八郎

かわもときはちろう

(かわもと・きはちろう)アニメーション作家。人形美術家

1925年東京千駄ヶ谷生まれ。旧制横浜高工(現・横浜国大建築学科卒。

1946年東宝撮影所美術部勤務、映画製作に従事。1950年、フリーの人形美術家となり、劇作家飯沢匡氏等とグループを作り、1953年、日本で初めての人形アニメーションほろにが君魔術師」を制作。この頃、チェコ人形アニメの巨匠イジィ・トルンカ氏の「皇帝の鴬」 を見て感動。数年の人形アニメによるCM制作活動の後1963〜64年、旧チェコスロバキアに渡りトルンカ氏に師事。

帰国後、処女作の「花折り」(68)をはじめ「鬼」(72)「道成寺」(76)「火宅」(79)など、独自の様式美と伝統的な人形表現を盛り込んだ人形アニメーション映画を次々と発表、国の内外で高い評価を受ける。またNHK人形劇三国志」(82〜84)「平家物語」(93〜95)の人形美術を担当、幅広い支持を得ている。海外との合作による「不射之射」(88・中国)「いばら姫またはねむり姫」(90・チェコ)の作品でも知られる。1995年、勲四等旭日小綬章受章。

現・日本アニメーション協会会長、日本人形玩具学会代表委員

(以上、下記公式サイトから引用)

2010年8月23日死去。享年85。