川本泰三

スポーツ

川本泰三

かわもとたいぞう

サッカー選手・監督。

ポジションはセンターフォワード

1914年1月17日生まれ、愛知県瀬戸市出身。

小学校時代に大阪へ転居、中学からサッカーを始める。

早稲田大学高等学院(予科)を経て早稲田大学に入学。予科3年の1933年から早大の関東大学リーグ4連覇に貢献した。

大学在学中の1936年ベルリンオリンピック日本代表CFに選ばれ、対スウェーデン戦で日本人初ゴールを上げ逆転劇(ベルリンの奇跡)に貢献。

卒業後、同盟通信社共同通信社の前身)に入社したが、第二次世界大戦時には従軍。

終戦とともにソ連軍捕虜となり、シベリアで4年にわたり抑留。

1949年に帰国し、自ら設立した大阪サッカークラブで現役復帰。

40歳過ぎまで代表でプレー。

1956年メルボルンオリンピックでコーチに就任し、その後は全日本監督も務め第3回アジア競技大会に出場。

その後は日本協会常任理事、関西協会会長、大阪協会会長等も歴任。

1985年9月20日逝去。

2005年、第1回日本サッカー殿堂入り。


* リスト::サッカー選手