スマートフォン用の表示で見る

戦国三大梟雄

一般

戦国三大梟雄

せんごくさんだいきょうゆう

日本の応仁の乱後の戦国時代に悪行・悪名をとどろかせた戦国武将北条早雲」「斎藤道三」「松永久秀」を主に指す。

(異説では「宇喜多直家」も加える場合も有り)

また梟雄扱いされないものの、謀略・陰険・ワルぶりでは戦国でも筆頭格の毛利元就は別枠で扱われる事が多いが、最近の資料研究成果により、毛利元就も上記3人とやっていることでは変わりがないにもかかわらず、勝者が歴史を作るの法則に救われただけではないか、との説も出ている。