スマートフォン用の表示で見る

戦災孤児

一般

戦災孤児

せんさいこじ

第二次世界大戦太平洋戦争末期、アメリカ軍による東京などの大都市への空襲によって家を焼かれ、親を失った子供たちのこと。彼らは、孤児院などに引き取られた者もあるが、浮浪児として公園や鉄道の駅などをねぐらにし、生きてゆくために残飯あさり、靴磨き、屑拾いなどをする者もあった。50〜60年前の日本でのことである。