扇谷上杉家

一般

扇谷上杉家

おうぎがやつうえすぎけ

上杉重顕を始祖とする上杉氏諸家のひとつ。鎌倉の扇谷に屋敷を置いたことが家名の由来。

山内上杉と並び「両上杉」と称されるが、関東管領を務めたことはない。相模守護。

永享の乱享徳の乱では、山内上杉氏に従い、支えることによって勢力を拡大。特に重臣太田道灌の働きは大きかったが、これを謀殺してからは徐々に衰退に向かい、長らく協力関係にあった山内上杉氏とも対立し(長享の乱)、後北条氏の躍進を許す結果となった。