スマートフォン用の表示で見る

泉岳寺

地理

泉岳寺

せんがくじ

東京都港区高輪2丁目にある曹洞宗寺院。山号は万松山。

1612年(慶長17年)に門庵宗関により開山される。

1641年(寛永18年)、大火で焼失。毛利・浅野・朽木・水野・水谷の5大名の協力で外桜田より現在地に移転再建。その縁で浅野家の菩提寺となったことから、浅野内匠頭長矩と赤穂浪士の墓がある。

駅名に無断で「泉岳寺」とつけられ、乗客から運賃・忘れ物などの問い合わせが多数寄せられ業務に支障を来たした泉岳寺は東京都を提訴したが、結果は寺側の敗訴に終わった。