スマートフォン用の表示で見る

浅黄斑

読書

浅黄斑

あさぎまだら

ミステリ時代小説作家。1946年神戸市に生まれる。

関西大学工学部機械科を卒業後、日本スピンドル製造(株)に勤務。1992年『雨中の客』で第十四回小説推理新人賞を受賞、ミステリー作家としてデビュー。次いで『死んだ息子の定期券(他)』で第4回日本文芸大賞を受賞。

近年は時代小説に傾注、徹底した資料収集と分析に基づき物語を構築する。