浅茅が宿

読書

浅茅が宿

あさぢがやど

 雨月物語の一篇。

今の千葉県松戸あたりが舞台で、京にのぼり一儲けをたくらむ勝四郎という男が、妻・宮木をひとり残し、出立してしまうが、妻は一途に待ち続ける。戦乱のため戻れず7年が過ぎ、勝四郎が再び戻ってきたとき、7年前と変わらず、妻は彼を歓待する。そして両者は同衾するが、朝起きてみると妻の姿はなく、家も荒れ放題だった。家の奥には塚・・・勝四郎は、妻・宮木がすでに死亡していて、ただただ夫に会いたいがため、一夜を設定したことを知る。