スマートフォン用の表示で見る

浅暮三文

読書

浅暮三文

あさぐれみつふみ

作家。小説家エンターテインメントの土俵で、前衛的な手法を用いた作風。

1959年3月21日西宮市生まれ。

「ダブ(エ)ストン街道」で第八回メフィスト賞を受賞、デビュー。

「カニスの血を嗣ぐ」、「左眼を忘れた男」、「石の中の蜘蛛」、「針」、「錆びたブルー」、「ポルトガルの四月」は、それぞれ人間の「感覚」をテーマにした作品である。

「石の中の蜘蛛」で五十六回日本推理作家協会賞を受賞する。授賞式場では「バーセルミスラデックのような小説を、書いていきたいと思います」と発言し、選考委員の皆さんには全然、通じなかったとか。(実際、「実験小説 ぬ」はスラデックっぽい)

その他に「夜聖の少年」「殺しも鯖もMで始まる」などの著作がある。

これからの活躍が期待される作家である。