浅野和三郎

一般

浅野和三郎

あさのわざぶろう

1874〜1937

東大出の英文学者が、大本教に入信。後、王仁三郎と対立して脱退。

その後は、西洋の心霊主義(スピリチャリズム)を輸入。「守護霊」や「肉体・幽体」といった概念を日本に定着させた。