スマートフォン用の表示で見る

染井吉野

動植物

染井吉野

そめいよしの

ソメイヨシノ

江戸時代後期に、江戸染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が「吉野桜」として売り出したが、吉野(奈良県)産の桜と紛らわしいということで、産地の「染井」が冠せられ「染井吉野」という名前になった。

:植物


区の木ソメイヨシノは、江戸末期から明治にかけて、染井村(現在の駒込地区)の植木職人が山桜の品種を改良して作ったと言われ、染井発祥が伝えられています。

豊島区のプロフィール〜豊島区役所