スマートフォン用の表示で見る

線型写像

サイエンス

線型写像

せんけいしゃぞう

ベクトル空間Vからベクトル空間Wへの写像fが次の性質をもつとき、fを線型写像という。

f(ku)=kf(u)

f(u+v)=f(u)+f(v)

ここで、u,vは任意のベクトル、kは任意の実数。