船田和英

スポーツ

船田和英

ふなだかずひで

60〜70年代のプロ野球選手。通称「ライフルマン*1」。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は56→22→28→8→25番。

1942年5月5日生まれ。静岡県出身

浜松商業高校から北陽水産を経て1962年読売ジャイアンツへ入団。

2年目の1963年より一軍に定着。オールスターゲームに出場。

1966年田中久寿男との交換トレードで、西鉄ライオンズに移籍。

1970年黒い霧事件で半年間の出場停止処分。


1972年、金銭トレードでヤクルトアトムズに移籍。

以降、不動の2番打者、三塁手として活躍。

1976年、通算1000本安打を達成、打率.302を記録しカムバック賞を受賞。

1978年、ヤクルトスワローズ史上初のリーグ優勝日本一に貢献。

1980年、現役引退。

翌1981年、打撃コーチに就任。

1990年、退団。


1992年5月28日、肝臓がんのため東京都内の病院で逝去。

*1:1958年製作の西部劇の映画「ライフルマン」の主演チャック・コナーズの顔つきによく似ていた事から命名。