スマートフォン用の表示で見る

閃輝暗点

一般

閃輝暗点

せんきあんてん

閃光暗点、内光暗点とも称することがある。

突如として、視界に「チラチラと光る、のこぎりの刃型のようなギザギザしたもの」が出現し、10〜20分程度の間、拡大、縮小、変化を続ける。最初は小さな点だが、徐々に大きくなりながら形状を変え、しばらくすると消えてしまう。

原因は、頭の脳の物を見る中枢といわれる部分の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためと考えられている。

閃輝暗点は周期的に起こるのが一般的で、人によってその周期はまちまちである。1ヶ月に数回訪れる人もいれば、1年に1回程度という人もいる。ストレスや寝不足が原因とも、成年型(成人までに発症が激減する)と中年型(中性脂肪の多い人が発症)があるとも言われている。

この症状が出現した後に、片頭痛を発症させることが非常に多いため、片頭痛の前駆症状として知られている。