スマートフォン用の表示で見る

前進座

アート

前進座

ぜんしんざ

昭和六年(1931年)に歌舞伎界の因襲的な制度に反発して松竹を脱退した中村翫右衛門河原崎長十郎,市川荒次郎を中心に結成された劇団.古典歌舞伎のみならず,現代劇,大衆演劇児童演劇など多くのジャンルの演劇作品を上演する.結成後まもなくから映画制作にも積極的に関わる.山中貞雄の『人情紙風船』(1937年),溝口健二元禄忠臣蔵』(1941年)などの日本映画史に残る名作に座として参加する.

戦後は1949年に座員が共産党に集団入党し,地方の労働組合組織での上演活動が盛んになる.1967年に座長の河原崎長十郎共産党を脱退し,その後劇団内が混乱状態に陥る.河原崎は劇団を除名され,中村翫右衛門が座長となる.この後,東京の大劇場での自主公演や所属役者のテレビ,映画出演,他劇団への交流などで活動の幅を広げる.

1992年以降,中村梅之助が劇団代表を務める.

1982年吉祥寺前進座劇場を建設.

現在は第三世代の役者が中心となる.主な役者として中村梅雀藤川矢之輔,瀬川菊之丞,河原崎國太郎,妻倉和子,嵐広也らがいる.