スマートフォン用の表示で見る

前川レポート

一般

前川レポート

まえかわれぽーと

1985年中曽根康弘内閣が日米経済摩擦によるアメリカの対日強行圧力を打開するために設置した首相の私的諮問機関「国際協調のための経済構造調整研究会」のまとめた報告書の通称で、1986年4月に中曽根首相に提出された。その通称は、研究会の座長を務めた前日本銀行総裁前川春雄の名をとったものである。報告書の内容は、内需拡大、市場開放、金融自由化などが柱で、その後の日本の経済政策の指針となった。