スマートフォン用の表示で見る

前川千帆

アート

前川千帆

ませかわせんばん

1888−1960 版画家漫画家京都に生まれ。本名石田十三郎。

父親の死により、母方の親戚前川家を継ぐ。1905年、関西美術院に入り、浅井忠?鹿子木孟郎に学ぶ。1912年上京し、東京パック?社へ入社、漫画を担当する。石井鶴三?らと交友し、また南薫造?の版画に影響を受ける。

1915年、京城日報社、1918年、読売新聞社に入り、漫画を描き続けた。

一方で、1919年(大正8)、第1回日本創作版画協会展に「病める猫」のなどを出品して版画家としての活動を始めた。1922年(大正11)、日本創作版画協会会員となる。また文展、帝展、日展、春陽会展などにも出品した。代表作に1941年(昭和16)に刊行された『日本浴泉譜』がある。