前田司郎

一般

前田司郎

まえだしろう

前田司郎は、日本の作家・役者・演出家・脚本家五反田団の主宰者*1

1977年生まれ、東京五反田出身。

劇作家として

2004年、「家が遠い」で京都芸術センター舞台芸術賞を受賞

2006年、「キャベツの類」で第50回岸田國士戯曲賞の最終候補

2007年、「さようなら僕の小さな名声」で第51回岸田國士戯曲賞候補

2008年、「生きてるものはいないのか」で第52回岸田國士戯曲賞受賞

小説家として

2005年、「愛でもない青春でもない旅立たない」(野間文芸新人賞候補)でデビュー。

2006年、2作目「恋愛の解体と北区の滅亡」で三島由紀夫賞野間文芸新人賞候補

2007年、3作目「グレート生活アドベンチャー」で芥川賞の候補

最新作「誰かが手を、握っているような気がしてならない」は第21回三島由紀夫賞候補作(2008年5月12日現在)。

脚本家として

出版物

小説

愛でもない青春でもない旅立たない

愛でもない青春でもない旅立たない

恋愛の解体と北区の滅亡

恋愛の解体と北区の滅亡

グレート生活アドベンチャー

グレート生活アドベンチャー

誰かが手を、握っているような気がしてならない

誰かが手を、握っているような気がしてならない

戯曲

生きてるものはいないのか

生きてるものはいないのか

*11997年旗揚げ