スマートフォン用の表示で見る

前田敦子はキリストを超えた

読書

前田敦子はキリストを超えた

まえだあつこはきりすとをこえた

2012年12月7日に筑摩書房より発売される本のタイトル。

著者は情報環境研究者濱野智史氏。

前田敦子はキリストを超えた: 〈宗教〉としてのAKB48 (ちくま新書)

目次

  • はじめに
  • 序章 AKB48は「いま・ここ」にある宗教である
  • 第一章 前田敦子キリストを超えた
  • 第二章 なぜアンチに耐えられるのか
  • 第三章 人はなぜ人を「推す」のか
  • 第四章 AKB世界宗教
  • あとがき

内容

“不動のセンター”と呼ばれた元AKB48メンバー・前田敦子さんの分析から、AKB48が熱狂的に支持される理由を読み解いていくとのこと。著者はTwitter上で「AKBをよく知らない読者向けにも、AKBのシステムが分かるように体系整理しましたし、どのような形でハマっていくのかについても、できる限り明晰かつ簡潔に記述しています。AKBをよく知らないでバカにしている人ほど(AKBにハマる前の僕もそんな感じでした)、ぜひ読んで欲しいです。」と述べている。なお、キリスト教を批判する意図はない。