スマートフォン用の表示で見る

前田遼一

スポーツ

前田遼一

まえだりょういち

サッカー選手。ポジションはフォワード

1981年10月9日生まれ。兵庫県神戸市出身。身長184cm、体重79kg。

抜群の運動量を誇り、相手DFへのチェイシングやスペースへの走り込みでチームに貢献する事が出来る。テクニックも非常に優れており、巧みなボールコントロールやドリブルが得意。

学生時代はトップ下の選手だったが、プロ入り後はフォワードセンターフォワード)で起用されている。

高校時代からU-18日本代表に選ばれており、2001年にはU-20日本代表の一員としてFIFAワールドユース選手権に出場。アテネオリンピックアジア予選でも活躍したが、本大会のメンバーからは落選した。

2006年秋、イビチャ・オシム監督により、サッカー日本代表A代表)に初選出。2007年8月22日、カメルーンとの親善試合で初キャップを刻んだ。2010年にアルベルト・ザッケローニが代表監督に就任して以降は、主力として活躍している。2011年AFCアジアカップ優勝にも貢献した。

所属クラブ

1994-1996
暁星中学校
1997-1999
暁星高等学校
2000-2014
ジュビロ磐田
2015-
FC東京