前方後方墳

地理

前方後方墳

ぜんぽうこうえんふん

古墳の墳形?の一種。特に東日本の前期古墳に多く存在する。また、中国四国地方にも多く存在し、中でも出雲地方の前方後方墳は古墳時代を通じて築かれていた。その起源は、方形?墳丘墓への通路が変化し、突出部へと代わっていき成立したと推測されている。東日本の出現期古墳の多くは、前方後方墳であることが分かってきた。