前趙

地理

前趙

ぜんちょう

中国五胡十六国時代にあった国の1つ。匈奴が建国した。

八王の乱」の八王の一人、成都王司馬穎?の幕下にいた劉淵が304年の司馬頴の敗走後漢王を名乗り独立。自らを漢室の後継者と位置付けるため、劉禅に「懐帝」と諡している。

3代目皇帝劉聡311年に洛陽を、次いで316年に長安を落とし、西晋を滅ぼした(永嘉の乱)。

が、318年の劉聡の没後、外戚の靳準?が反乱を起こし、8月に4代目皇帝劉粲?をはじめ皇族虐殺した上で東晋に投降。「漢」としてはいったん滅亡する。

劉聡の従兄弟・劉曜によって同年10月には「前趙」として再興したが、配下の有力者石勒?との対立を抑えきれず、329年に石勒の立てた後趙に滅ぼされた。