スマートフォン用の表示で見る

善鸞

一般

善鸞

ぜんらん

1217年〜1286年4月1日

鎌倉時代中期の日本の仏教僧。父は親鸞親鸞善鸞だけに対し、深夜密かに伝授された法門が正統であると称して、異義事件をおこし1256年5月29日付けの親鸞書状により義絶された。秘密主義で浄土真宗から異端扱いされている隠し念仏の創始者であると言われている。