全国消費生活相談員協会

社会

全国消費生活相談員協会

ぜんこくしょうひせいかつそうだんいんきょうかい

公益社団法人全国消費生活相談員協会は、東京都中央区に本部を置く公益社団法人で、適格消費者団体。略称は「全相協」。

1977年、全国で初めての消費者問題専門家集団「国民生活センター消費生活相談員養成講座修了者の会」として発足。その後、1987年経済企画庁(現在は消費者庁)所管の「社団法人全国消費生活相談員協会」として許可を受け、2012年に「公益社団法人全国消費生活相談員協会」となる。

消費者の権利の確立及び消費者の自立支援を推進し、消費者の利益の擁護及び増進に努めるとともに、消費生活に関する相談に係る情報や消費生活に関する情報を収集・提供し、さらに消費者被害の発生及び拡大の防止、及び、被害救済のための活動を行い、もって消費生活の安定・向上に寄与することを目的としている。