スマートフォン用の表示で見る

全国新幹線鉄道整備法

社会

全国新幹線鉄道整備法

ぜんこくしんかんせんてつどうせいびほう

全国新幹線鉄道整備法は日本の法律(昭和四十五年五月十八日法律第七十一号)*1略称は「全幹法」。

 第一章 総則

(目的)

第一条
この法律は、高速輸送体系の形成が国土の総合的かつ普遍的開発に果たす役割の重要性にかんがみ、新幹線鉄道による全国的な鉄道網の整備を図り、もつて国民経済の発展及び国民生活領域の拡大並びに地域の振興に資することを目的とする。

(定義)

第二条
この法律において「新幹線鉄道」とは、その主たる区間を列車が二百キロメートル毎時以上の高速度で走行できる幹線鉄道をいう。

新幹線鉄道の路線)

第三条
新幹線鉄道の路線は、全国的な幹線鉄道網を形成するに足るものであるとともに、全国の中核都市を有機的かつ効率的に連結するものであつて、第一条の目的を達成しうるものとする。


以下、略