全日本産業別労働組合会議

社会

全日本産業別労働組合会議

ぜんにほんさんぎょうべつろうどうくみあいかいぎ

第二次戦後初期に存在した日本の左派系の労働組合ナショナルセンター1946年8月19日に結成したが、レッドパージによる弾圧により弱体化し1958年2月に解散した。現在ある全国労働組合総連合全労連)はこの流れを汲むナショナルセンターである。