ニューイヤー駅伝 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

全日本実業団対抗駅伝競走大会

ぜんにほんじつぎょうだんたいこうえきでんきょうそうたいかい

全日本実業団対抗駅伝競走大会は、毎年1月1日に開催されている、実業団日本一を決める駅伝大会。通称は「ニューイヤー駅伝」。

1957年に第1回が開催。第32回(1988年)から実施日が元日となり、群馬県上州路で開催されるようになった。第45回(2001年)から群馬県庁をスタート・ゴールとする、7区間100kmのコースに変更された。第53回(2009年)から7区間100kmの全長距離を維持したまま区間構成を変更。第55回(2011年)にも一部ルートと区間距離の変更が実施された。

コース*2

連盟出場枠

連盟東日本中部北陸関西中国九州合計
チーム数127254737

参加メンバー

各年度において日本実業団陸上競技連合に登録されている競技者により編成された同一企業の単独チームとし、各地区予選を経ていることとされている。

人数は監督1名、競技者12名、計13名以内とするが、外国人競技者は、1チーム1名以内とし、参加可能な区間も最短区間の2区に限定されている。

歴代優勝チーム

優勝チーム備考
11957年八幡製鉄*3(初)伊勢で3月上旬開催
全区間83.5km
21958年リッカーミシン?(初) 
31959年リッカーミシン?(2) 
41960年八幡製鉄(2)2月下旬開催
51960年リッカーミシン?(3)12月中旬開催
全区間83.6kmに延長
61961年東急(初) 
71962年八幡製鉄(3) 
81963年東急(2) 
91964年旭化成(初) 
101965年旭化成(2) 
111966年旭化成(3)全区間83kmに短縮
121967年電電中国?*4(初) 
131968年旭化成(4) 
141969年東洋工業*5(初) 
151970年電電中国?(2)全区間99.4kmに延長
161971年東洋工業(2) 
171972年クラレ(初) 
181973年旭化成(5)全区間99kmに短縮
191974年鐘紡(初) 
201975年旭化成(6) 
211976年鐘紡(2) 
221977年鐘紡(3) 
231978年旭化成(7) 
241979年旭化成(8) 
251980年旭化成(9) 
261981年旭化成(10) 
271982年旭化成(11) 
281983年旭化成(12) 
291984年ヱスビー食品(初) 
301985年ヱスビー食品(2) 
311986年ヱスビー食品(3)この年のみ彦根で12月中旬開催
全区間84.4km
321988年ヱスビー食品(4)この年以降群馬元日開催
全区間84.9km
331989年日産自動車(初)全区間86.3kmに延長
341990年旭化成(13) 
351991年旭化成(14) 
361992年旭化成(15) 
371993年旭化成(16) 
381994年旭化成(17) 
391995年旭化成(18) 
401996年鐘紡(4) 
411997年旭化成(19) 
421998年旭化成(20) 
431999年旭化成(21)全区間86.4kmに延長
442000年富士通(初) 
452001年コニカ*6(初)全区間100kmに延長
462002年コニカ(2) 
472003年コニカ(3) 
482004年中国電力(初) 
492005年コニカミノルタ(4) 
502006年コニカミノルタ(5) 
512007年中国電力(2) 
522008年コニカミノルタ(6) 
532009年富士通(2)区間変更あり
インターナショナル区間導入
シード権制度廃止
542010年日清食品グループ(初) 
552011年トヨタ自動車(初)区間変更あり
562012年日清食品グループ(2) 
572013年コニカミノルタ(7) 
582014年コニカミノルタ(8) 
592015年トヨタ自動車(2) 
602016年トヨタ自動車(3) 

*1:「ヤマザキ新春スポーツスペシャル」として系列で生中継

*2:詳細はhttp://home.m07.itscom.net/jita/man_ekiden/pdf/man_ekiden57_course.pdfを参照のこと

*3:のち新日本製鉄八幡

*4:のちNTT西日本広島

*5マツダ

*6:のちコニカミノルタ