全日本大学アメリカンフットボール選手権

スポーツ

全日本大学アメリカンフットボール選手権

ぜんにほんだいがくあめりかんふっ

アメリカンフットボールの大学日本一を決める選手権大会。

2008年までの甲子園ボウルは、事実上の学生日本一を決める東西大学王座決定戦だったが、関東・関西以外のチームが参加できる全国規模の大会はなかった。そのため、2009年、全国8地区の代表9校(関東は2校)が参加する全国選手権として本大会が新設された。甲子園ボウルは、選手権の決勝戦に位置付けられることになった。

選手権では東日本北海道、東北、関東2校)と西日本東海北陸、関西、中四国九州)に分かれてトーナメント戦を行い、東日本西日本の王者が決勝の甲子園ボウルで対戦する。