スマートフォン用の表示で見る

曾我祐成

社会

曾我祐成

そがすけなり

承安2年(1172年)〜建久4年5月28日(1193年6月28日)

日本の鎌倉時代初期の武士。河津祐泰の長男。曾我十郎とも称される。

曾我時致の兄で建久4年(1193年)富士の巻狩りが行われた際、弟とともに父の敵である工藤祐経を仇討ちしたが、仁田忠常に討たれた。その後、弟の時致は将軍の源頼朝の宿所を襲おうとしたが捕らえられ処刑された。