曽利文彦

映画

曽利文彦

そりふみひこ

映画監督。CG監督。映像クリエイター

1964年生まれ。大阪府出身。

学生時代に、CGに出会い、TBSに入社。

テレビドラマのCG合成を手掛け、

その後、ジェームズ・キャメロンの制作会社「デジタル・ドメイン」にて、映画『タイタニック』のCGを担当。

帰国後、「百年の物語」「ケイゾク」 「池袋ウエストゲートパーク」など、数多くのドラマで VFXを担当。

監督作品に映画「ピンポン」「ベクシル」、プロデュース作品に「アップル・シード」がある。