組合契約

社会

組合契約

くみあいけいやく

民法667条による定義

「各当事者が出資をして共同の事業を営むことを約する

ことによって、その効力を生ずる」有償契約のこと。


民法・第二章・第十二節「組合」