スマートフォン用の表示で見る

創価学園

一般

創価学園

そうかがくえん

創価学会池田大作第3代会長が創立し、1968年に男子校として開校した。現在は、小学校から高等学校までの男女共学の一貫校。

創価学会名誉会長の池田大作氏は、富士が見える武蔵野の田園地帯を学校創設にふさわしい場所と考え、その中の一つとして東京小平に決めたとされている。

創価学会宗教校と思われがちであるが、人道主義を重んじる校風を掲げ、宗教教育は行っていない。しかしながら、創価学会関係者の子息の在籍者は多い。

卒業生には、国会議員を多く輩出している(国会議員輩出数は全国第3位)。創価学会幹部や公明党議員などを輩出している。

また、「創立者池田先生の薫陶を受けた」とここを原点とした生徒や創価学会会員が多いと言われているが、これは表向きのケースである。

その後、大阪・交野に関西創価学園(当初女子校)を開設したが、この辺のことについては、「新・人間革命」第12巻に詳しく書いている。