スマートフォン用の表示で見る

双極性気分障害

一般

双極性気分障害

そうきょくせいきぶんしょうがい

躁うつ病躁鬱病)と呼ばれていたのと同じ病気です。

以下は、「躁うつ病」に関する記述からの転載です。

精神科への通院や入院、が必要になる病気で、100人に1人くらいの頻度でかかることがあると言われています。

加齢と共に躁うつの周期が短くなる(ラピッド・サイクリング)事が多いです。

安定した時期が続き、寛解(症状が軽くなったり消失したりでコントロールされた状態)状態にもなります

ただし、再発率が高いので、一生涯にわたっての予防療法が必要となります


【症状】

『鬱の時期』

やる気が出ない、好きなことにも興味がなくなる、気分が落ち込む、だるい、焦りがでる、イライラ、マイナス思考、早期覚醒希死念慮がでる

『躁の時期』

テンションが上がりすぎる、楽しくプラス思考だけの多幸感、よくしゃべる、イライラ、怒りっぽくなる、浪費、異性への関心がふえる、あきらめがわるくなる、落ち着きがない、睡眠時間がへる、万能感で自己肯定感が強くなりすぎる、病識をもちにくい

気分の変化が、普段の時期とくらべて下や上に極端になってしまい、症状がでる時期があります

一度でも躁の時期がある場合は、鬱病とは違う『躁うつ病』となります

躁での言い争いや浪費トラブルから、人間関係が壊れたり金銭的問題などが起こり、その後に鬱になりやすい


【治療方法】

気分安定剤(炭酸リチウムデパケンデパケンRテグレトールラミクタールなど)を飲み続けます

症状により、抗鬱剤精神安定剤睡眠薬、も処方されます

ストレスをためないよう、休養をとり、のんびりとした気分で過ごせるように、心がけます

関連キーワード

躁鬱病 リーマス ドラール 気分調整薬 デパケン 統合失調症