スマートフォン用の表示で見る

喪中

一般

喪中

もちゅう

家人が亡くなったので残された家族が喪に服している期間。

この期間、諸々の祝い事などの開催や参加を控えるのが一般的とされている。

自粛するものの例
結婚式、正月飾り、正月料理、初詣年賀状など

由来

古来日本では死は穢れているものとされてきた。つまり死者を出した家は穢れているので、他の家に災いをもたらさないように、喪に服している間は家を出てはいけない、神様に接してはいけないというルールがあったことから。

仏教喪中の概念が関連していると考えられがちであるが、仏教では死は穢れたこととしておらず、関連性は薄いようである。

喪中の期間と範囲

1874年明治7年)、太政官布告によって以下の表のように定められたが、これはすでに廃止されている。

現在では二親等以内の親族(父母・配偶者・兄弟姉妹・子供・祖父母・配偶者の父母・配偶者の兄弟姉妹・子の配偶者・孫・孫の配偶者)が亡くなってから一周忌までを喪中とすることが多いといわれているが、喪中の期間と範囲に明確な決まりがあるわけではなく、それぞれの遺族の感情を優先して寒中見舞い年賀欠礼を出したり、祝い事を自粛するケースが多い。

続柄忌日数服(喪)日数
父母50日13ヶ月
養父母30日150日
50日13ヶ月
20日90日
嫡子(息子)20日90日
その他の子(娘)10日90日
養子10日30日
兄弟姉妹20日90日
祖父母(父方)30日150日
祖父母(母方)30日90日
おじ・おば20日90日
夫の父母30日150日
妻の父母なしなし
総祖父母20日90日

(注)この制度は1947年昭和22年)に廃止済み

禁とは:自宅謹慎の期間

服とは:喪服を着用する期間