操作主義

サイエンス

操作主義

そうさしゅぎ

科学哲学において、文脈や状況によって定義が変わりうる曖昧な概念を取り扱う際の、一つの立場。その概念を、操作(観測)によって得られる変数の集まりの形とすることで、測定可能な形にしようとする。