スマートフォン用の表示で見る

早島正雄

一般

早島正雄

はやしままさお

日本道観 初代道長 本名:早島天來 (早島正雄は筆名)

日本でまだ「老子」の認知度が非常に低かった時代に

老子を伝える学校として 日本道観道家道学院』を設立

無為自然」を実践する手段として『気の導引術』の指導にあたる。

高知県生まれ。

日本で導引術を伝えてきた村上源氏の末裔で、昭和44年に、台湾導引を受け継ぐ、道家龍門派伝的第十三代を允可される。同時に道教の最高機関・六十四代の嗣漢天師府顧問に就任、のち、嗣漢天師府首席顧問をつとめた。併せて台南市道教首席顧問となる。

昭和55年、老子の教えを広める場として日本道観設立し、導引術の普及につとめた。

昭和35年鎌倉に松武館を開設

中国5千年の健康法「導引」を現代人向けにアレンジして早島正雄独自の「導引術」を完成し普及活動を行なう。同時に、導引術、そして道家の生き方を世に広めるために、執筆活動にも意欲を燃やす。

昭和48年の「容姿端麗入門」を皮切りに、「人間は病気では死なない」「導引術」とあいついで著書を発行。

昭和50年に「導引術入門―人不因病而死」が台湾でも刊行され、その後も何冊もの早島正雄著書が台湾韓国で出版されて話題を呼ぶ。

昭和55年、「導引術」をはじめとする気の健康術を指導する場として、「日本道観」(*1)を設立

日本では、昭和57年に、早島正雄著書「導引術入門」がベストセラーとなり、導引術が世の中に認知される。

昭和59年発行の「酒風呂健康法」の普及により、各酒造メーカーがこぞって浴用酒を発売するなど、酒風呂ブームを起こす。

平成2年 中国雑誌「気功」の顧問に就任、また、同年、社会文化功労賞を受賞。

平成9年から13年にかけて、早島正雄著書が英語版、ドイツ語版、スペイン語版で発行される。

(*1)

日本道観とは、早島天來が創設した、「気」の健康法「導引術」「動功術」「洗心術」を教えている学院。

これら気の健康術は、タオイズム老荘思想)に基づいた実践哲学であり、無為自然な生き方、自然に沿った生き方を学び、実践して身につけるものである。

古代中国から研究された「生き方」を、日常的にこれら3つの「気の健康術」を実践により身につける事が目的とされている。

また、これら哲学には、道教仏教儒教などの哲学も含まれおり、長い中国の歴史の中で培われた「生き方」の哲学を体で学ぶことが出来る。

日本道観は全国に支部が存在し、早島天来の伝えた導引術、動功術、洗心術の指導を行っている。

日本道観 オフィシャルホームページ

http://www.nihondokan.co.jp/

日本道観 携帯オフィシャルサイト

http://doin.jp/

早島天來について・著書一覧

http://www.nihondokan.co.jp/books/author.html