曹昂

社会

曹昂

そうこう

中国後漢末期の人物(? - 197年?)。曹操長男。字(あざな)は子修。生母は劉氏。同母兄弟に曹鑠清河長公主(夏侯楙?の妻)。

生母に早くに死なれ、曹操の正妻である丁氏に養育された。20歳のときに孝廉?に推挙された。

197年?曹操が油断して張繍の夜襲を受けて大敗したときに、従兄弟の曹安民?曹操の側近の典韋らと共に戦死した。丁氏は曹操曹昂を死なせたことに怒り面会しようとしなかったため、曹操から離縁され、代わりに卞氏曹操の正妻となった。

後に魏王朝曹魏)が成立すると、豊国の悼公の諡号を受けた。後に豊国の悼王に格上げとなり、さらに豊国の愍王の諡号が新たに付与された。甥に当たる曹琬(曹均?の子)が後継者となった。

リスト::三国志関連