スマートフォン用の表示で見る

曹植

社会

曹植

そうしょく

中国後漢から三国時代の人物(192年? - 232年?)。字(あざな)は子建。三国の魏(曹魏)の武帝曹操の子(五男)。生母は卞氏。異母兄に曹昂曹鑠。異母弟に曹沖?、曹彪?ら。同母兄に曹丕(文帝)・曹彰。同母弟に曹熊。子に曹志?

幼い頃から文才に優れており、曹操に寵愛された。側近の丁儀?・丁廙?兄弟や楊修?らの働きかけもあり、一時は曹操に後継者であることを期待されたが、素行が悪かったため寵を失った。

父の死後、兄の曹丕が魏王になると丁儀兄弟は殺害され、曹植本人も一諸侯として各地を転々とするなど不遇の一生を送った

文学の世界で父や兄を凌ぐ活躍をし、多くの優れた詩や文章が後世に残った。

リスト::三国志関連