巣伏の戦い

社会

巣伏の戦い

すぶしのたたかい

巣伏の戦い(すぶしのたたかい)

789年、北上川河畔の巣伏村における征東将軍紀古佐美の朝廷軍と胆沢の賊首・阿弖流為率いる蝦夷軍の戦い。桓武天皇の時代になり、本格的な蝦夷征討を開始、古佐美征東大使率いる朝廷軍は、蝦夷の本拠地胆沢江刺に進軍、衣川を渡った三箇所に逗留。結果、挟み撃ちするはずだった朝廷軍が、兵数で圧倒的に劣る蝦夷軍の巧みな戦術により、逆に挟み撃ちされ大惨敗、遠征は失敗に終わった。