スマートフォン用の表示で見る

相撲博物館

スポーツ

相撲博物館

すもうはくぶつかん

相撲博物館は、東京都墨田区国技館に併設されている、相撲に関する博物館

酒井忠正初代相撲博物館館長が長年にわたって収集した資料を基礎に、国技としての相撲資料の散逸を防ぐため、1954年9月、蔵前国技館の完成と同時に開館。

1985年1月、両国国技館の開館に伴い、現在地に移転し、現在に至る。

通常は土曜・日曜・祝日(一部開館あり)、年末年始が休館となるが、東京本場所中は毎日開館し、大相撲観覧者のみ見学することができる。