スマートフォン用の表示で見る

相模トラフ

サイエンス

相模トラフ

さがみとらふ

相模トラフとは、日本海溝伊豆小笠原海溝の接するところから相模湾につながるトラフ。

全長約250 km、水深約1000mの舟状海盆地形で、フィリピン海プレート太平洋プレート、ユーラシアプレート北アメリカプレート4つのプレートが重なり合う複雑な構造が特徴。

1923年関東大地震関東大震災)は、相模トラフのうち、フィリピン海プレートと北米プレートの境界で発生した。