スマートフォン用の表示で見る

草の根BBS

ウェブ

草の根BBS

くさのねびーびーえす

1990年代にNIFTY-SERVEやPC-VAN等の大手商用BBSと共に、パソコン通信世界の主流を為していた、個人・少人数のグループで運営されるBBSの事。商用BBSとは異なり基本的には接続するだけで課金されるといった事はなく、ホストPC所在地までの電話料金のみで利用できるのが特徴。逆に、ホスト所在地が遠隔地の場合にはアクセスに必要な電話料金は当然跳ね上がるため、結果的に同一地域・隣接地域内の人間がBBSの参加者の多数を占めるケースが多い。

草の根BBSの活動は掲示版でのやりとり・プログラムやCGの発表、もしくは転載及びダウンロードチャットオフ会等であり、そこには主催者・参加者の個性が色濃く反映され濃密なコミュニケーションの場として機能していた。コミュニティの規模としては、10人以下から会員数が1万を超えるといった大規模なものまで様々なBBSが存在していたが、大半は登録会員数が1000人以下(その中でアクティブ会員数が50人以下)の中規模以下のものであった。著名な草の根BBSとしては、東京BBSやCAT-CG-NETなどが知られる。

草の根BBSは1990年代前半までが全盛期であったが、ウェブへの接続を容易にしたWindows95の登場とともにパソコン通信の主流はインターネットへと移り、しだいに草の根BBSの活動は下火となっていった。また、ホストプログラム2000年問題などもあって、現役で活動している草の根BBSは21世紀には殆ど確認されなくなっている。