スマートフォン用の表示で見る

草燃える

テレビ

草燃える

くさもえる

17作目のNHK大河ドラマ(1979年)

永井路子の小説「北条政子」「炎環」「つわものの賦」などから中島丈博がシナリオ化したもの。

平安時代末期・平家の栄華衰退が強まる中、伊豆に流された源氏が立ち上がり、鎌倉で兵を挙げる。そして、平家滅亡。鎌倉幕府を開き、源氏が政治の実権を握るも滅亡。その源氏の栄光と苦悩を描かれている。

主人公は、源頼朝と妻・北条政子を軸に描いている。

出演

源頼朝石坂浩二

北条政子岩下志麻

北条義時松平健

北条時政金田龍之介

源義経国広富之

源頼家郷ひろみ

源実朝篠田三郎

他=真野響子武田鉄矢藤岡弘、滝田栄、柴俊夫、伊藤孝雄、小松方正伊吹吾郎大谷直子多岐川裕美、白都真理、坂口良子池上季実子美輪明宏黒沢年男(黒沢年雄)、佐藤蛾次郎中山仁佐藤慶松坂慶子草笛光子木暮実千代金子信雄尾上辰之助尾上松緑

VTRの保存に関しての情報

草燃えるは、1999年に総集編のビデオ化(のちにDVD化)されてるが、全編の作品は全く残されていた事実が最近(2007年)になって判明した。しかし、その映像が発見され、2009年にNHKアーカイブスに保存された。

この作品はNHKによると「幻の大河ドラマ」と位置づけてる。