蒼国来

スポーツ

蒼国来

そうこくらい

蒼国来栄吉(本名:恩和图布新)(1984年1月9日 - )は、中華人民共和国出身で荒汐部屋所属の大相撲力士

内モンゴル自治区赤峰市バイリン右旗出身。

得意手は右四つ、寄り、投げ。

最高位は東前頭13枚目。

2003年4月に訪中した荒汐親方にスカウトされ、同年6月に来日して荒汐部屋に入門。

2003年9月場所で初土俵を踏んだ。

2011年大相撲八百長問題にて引退勧告処分を受けたが、引退届を提出せず一度は解雇された。

しかし、潔白を主張して求めていた地位確認の訴えが2013年3月25日東京地裁で認められ、日本相撲協会が「勝てる見込みがない」と控訴を断念したことから、復帰を認めた。

2013年名古屋場所から、解雇前の番付編成会議で決まっていた幕内の西前頭15枚目で復帰することとなった。

一度土俵を離れた力士が現役に復帰するのは、戦後初のことである。