スマートフォン用の表示で見る

蒼龍

キーワードの候補

2件

一般

蒼龍

そうりゅう

大日本帝國海軍航空母艦

昭和9年度計画、昭和12年竣工、昭和17年戦没、除籍。

 昭和5年に成立したロンドン軍縮条約後、鳳翔の廃棄を前提に10,000t型航空巡洋艦2隻を建造する案が一時台頭した。この第1艦が蒼龍で、当初は龍驤以上にトップヘビーの重装備艦となる予定(10,000t・6インチ砲5門・飛行機100機)であったが、昭和9年に発生した友鶴事件の反省から根本的に計画を変更し、純然たる中型空母となった。この計画変更は昭和9年中期と推定され、軍縮条約からの脱退を前提に排水量の制限を解除した。その為、中型空母として無理のない設計が行われ、鳳翔以後の使用実績に基づいて艦の全長に達する飛行甲板と、小型艦橋を初めて新造時から装備し、ようやく実用上満足すべき性能を有する艦となった。

 緒戦は飛龍とともに第二航空戦隊に所属し、目覚しい活躍を見せたが、ミッドウェー海戦にて急降下爆撃を受け沈没した。

 全体によくまとまった中型空母であり、その高速性能は特筆に価する。よく防御力不足が指摘されるが、16,000tクラスの航空母艦としては妥当な防御性能であり、総合的に見れば特に欠点とは取れない。


要目(新造時)

・基準排水量:15,900t

・全長:227.5m

・最大幅:21.3m

・平均喫水:7.62m

・主機:艦本式オール・ギヤード・タービン4基4軸

・主罐:ロ号艦本式水管罐(重油専焼)8基

・出力:152,000HP

・速力:34.5knt

・燃料搭載量:重油3,400t

・航続力:7,680浬/18knt

・兵装:12.7サンチ40口径八九式連装高角砲;6基

    25ミリ連装機銃;14基

・搭載機:常用57機・補用16機

・飛行甲板:長さ216.9m×幅26.0m

・装甲:舷側35〜140mm

    甲板40mm

・乗員:1,100名

一般

蒼龍

そうりゅう

青龍

四聖獣の一。木行、東、春を司る龍。正体は人であるともいう。